サボイキャベツの収穫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サボイキャベツを収穫した。サボイキャベツはキャベツの一変種。和名をチリメンキャベツ(縮緬キャベツ)、またはチリメンカンラン(縮緬甘藍)という。

サボイキャベツのサボイは、フランスのサボイ地方での栽培が多かったからとか。

サボイキャベツの旬は12月から2月頃。ふつうのキャベツより小ぶりで、結球がゆるい。また、切ると球の中心の葉は黄色っぽい。霜が降りる頃になると葉が柔らかくなるといわれるが、ふつうのキャベツと比べるとかなり硬く、水分も少ない。だから、サラダでも食べられるが、スープや煮込み料理、油炒めなど、加熱料理に向いている。

なお、種子はタキイネット通販(品種名:サボイエースSP)などでも購入できる。また、最近ではホームセンターなどにも苗が出まわることがある。暑さと過湿に弱いので、夏まき秋冬どりの方が作りやすいようだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメント

  1. 詳しい解説に感心です、勉強になります。
    「サボイエースSP」を昨秋に蒔き10株ほどつくりました。チリメンの特徴のある姿なので、だれも収穫しようとせず、自分で独り占めしています。
    寒さで多少柔らかくなっているのか、以前人にもらったときはえらく固いなとおもいました。

  2. ポタ より:

    ぎゅうちゃん さま

    昨日、タマネギ、ジャガイモ、パプリカ、コンビーフなどと一緒に、固形のコンソメで煮こみました。
    サボイキャベツはいちど茹でたからか、やわらかくて美味しかったです。
    後ほど、そのスープの画像をブログにアップします。

    あと1株畑に残っています。