タマネギの1箇所2本植え

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

穴あきマルチフィルムをつかってタマネギを栽培している。今年は、1つの穴に2本ずつ植えてみた。

 穴は縦横とも15㎝間隔のもの。当地のホームセンターにはこれしか置いてないので、いつもタマネギはこのマルチフィルムを使っている。

 最近、タマネギは、苗を離して植えるより密植にした方が生育が良くなるという資料(木嶋利男氏説)をみつけたので、この方法を試してみることにした。

 一般的な植えつけでは、条間20~25㎝、株間10~12㎝が標準だが、木嶋氏の説では株間をこの半分の6㎝程度にするとよいということだ。しかし、マルチフィルムに新しい穴をあけるのは手間がかかる。そこで、1つの穴に2本ずつ苗を植えるというものだ。

 ポタケでは、従来の15㎝間隔に1本ずつ植える区と2本植えの区を設定してみた。2月に入って追肥を終えたが、今のところ苗の生育はほとんど変わっていないように見える。そろそろ球の肥大が始まるが、収穫時にどのくらいの差が出るか観察していきたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA