ミズナの花 Mizuna

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミズナの花が満開になった。

 ミズナは漬け菜の一種、漢字では水菜と書く。

 関東では、以前は京菜(キョウナ)と呼び、大株にして漬物にしていた。ところが、ヘルシー志向から小株のものをサラダにして食べるようになり、それとともにミズナの名が定着した。ミズナはアクが少なく、クセがないのがサラダに向いたのだろう。もっとも、関西では昔からハリハリ鍋などにして京菜を食べていたようだ。

 漬け菜の類は、種が吸水した時点から低温にあうと花芽ができる。だから、秋まきでは、種まきが遅れると春になって丈が小さいまま花が咲いてしまう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミズナの花アップ