ナズナの花とホソヒラタアブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春たけなわ。ナズナ(薺)の花も咲き誇っている。
 ナズナは春の七草のひとつ。こんなに大きくなったナズナは食べられないが、葉がロゼット状になっている早春に摘みとって利用する。花は小さくわかりにくいが、近づいてみると花弁が4枚。アブラナ科の植物らしい様相を呈している。かわいい花だが畑の雑草でもある。

 ナズナの別名でよく知られているのはペンペン草。実が三味線のバチの形をしているからとか、振ると実の音がパチパチとなるからとか、名前の由来にはいくつかの説がある。
 
 今の時期、まだ昆虫は少ないが、ホソヒラタアブがやってきた。活動時期は3月から11月頃までだが、幼虫はアブラムシの天敵。野菜にとっては益虫だ。なお、アブと名がついていても刺したりはしないから安心して欲しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA