コフキゾウムシ マメの害虫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フキの葉の上にコフキゾウムシのつがいを見つけた。

 コフキゾウムシの大きさは5mm前後。食草はマメ科の植物だ。野菜や作物では、ダイスやインゲン、アズキなどを食害する。
 成虫が葉の葉縁を食害するが、防除するほど大量に発生することはない。

 画像のコフキゾウムシは鱗片に覆われているのでグレーがかって見えるが、鱗片がとれたものは黒色になる。ゾウムシといっても口吻が短いので、他の科の昆虫かと見紛う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメント

  1. 小学生の頃夏休みに昆虫採集をするのが好きでした。傘を逆さにして、藪を棒でたたくとゾウムシやらオトシブミやらパラパラと採れたものです。標本にして宿題でもないのに学校に提出したものです。

  2. ポタ より:

    ぎゅうちゃん さま

    私は子供の頃、郊外に住んでいましたが、昆虫より植物や水生動物に興味がありました。
    その分、今頃になって、カメラで昆虫採集しています。