クビキリギス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポタケのセルリーにクビキリギスがいた。

 クビキリギスはキリギリスの仲間。ギスはキリギリスの意。

 物に噛みついたクビキリギスを強く引っ張ると、クビがとれてしまうことから、この名前「首切りギス」という名前がついた。口が赤いことから、別名「血吸いバッタ」とも。

 クビキリギスは夜行性の昆虫。イネ科植物の若芽や穂、昆虫などを食べる雑食性。

 この個体は緑だが、同じ種類でも褐色のものもいる。なんでも、湿度が高いところ(緑が茂っているところ)で育つと緑色になり、乾燥したところだと茶色くなるとか。他の昆虫でも、同じ種類なのに緑のと茶色のがあるのを見かけるが、同じ理由なのだろうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA