オトシブミのゆりかご

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


オトシブミのゆりかごが落ちていたので、拾ってきて描いてみた。

落ちたばかりのものは葉の緑が綺麗だが、この「ゆりかご(揺りかご)」は、落ちてから日にちが経っていたらしく少し茶色に変色していた。大きさは2センチメートルくらいだったが、もっと小さいのもあるし、もう少し大きなのもあるそうだ。

このゆりかごには、オトシブミの卵が入っている。その卵はふ化すると、ゆりかごを食べて大きくなる。だから、ゆりかごは卵をまもるための殻の役目もするが、食料庫でもある。

ちなみに、むかしむかし、恋文など直接手渡しにくい手紙をわざと気が付くように落としておいたのが「落とし文(オトシブミ)」だ。きっと、いまの手紙と違って、巻紙に書かれていたのだろう。そんな形がゆりかごから想像できる。

いまの人はコクルなどといって直接恋を告白してしまう。オトシブミなどで気持ちを伝えていた時代は、きっと、ゆっくりと時間が過ぎていたのだろう。そんな時代が羨ましくなるときもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カーメル より:

    Unknown
    お~絵だったのですね!写真だと思いました。
    PCの具合はどうですか?ここのところ忙しかったのですが、私も今日久しぶりにCDRに資料を落とそうと思ったら動きません!
    私のPCもおかしいようです。なんだか最近のお天気見たいですね。
    オトシブミ、きれいいわれですね。成虫はどんなのかと思ってしまいました。カラっと気持ちよく晴れて、オトシブミも喜ぶようなお天気がほしいですね。

  2. ポタ より:

    カーメル さま
    こんなに雨ばかり降っていては、パソコンちゃんも不機嫌になっても仕方ないですね。
    私は仕事でも使っていたのですが、データが……。仕方なくマックを引っ張り出しました。
    壊れたのはまだそのままです。
    はやく梅雨が明けると良いですね。畑もグショグショです。

  3. Unknown
    絵だったんですね~。きれいです。
    私は、木にぶら下がっているのしか見た事ありません。オトシブミだと思ったらこれからは気味が悪いなんて思わずにすみそうです。葉も餌になるとは・・。
    ポタさんから、コクルなんて言葉が出るとはおもいませんでした。(笑)
    若い人にも手紙で気持ちを伝えて欲しいですね。

  4. ポタ より:

    ブルーデージー さま
    花だけじゃなくて、こんな絵もたくさん描いています。ネイチャーアートです。(アートネーチャーじゃないですよ)
    私はずっと高校生の中にいたので、若者言葉も知っていますよ。
    ところで、ぶら下がっているので大きいのは、毛虫だったりしますから用心用心!

  5. かわせみ より:

    これでしたか
    昨年家のブラックベリーの木に異常発生していたものと同じかなあ~・・。葉の包まった中に幼虫が居ました。落とし文とはちょっと違うのかも。
    わたしも一瞬写真かなと思いました。

  6. ポタ より:

    かわせみ さま
    絵を写真でとっているので、写真といえば写真です(笑)
    ブルーベリーにつくかどうか分かりませんが、いろいろ種類があるらしいです。
    今度見つけたら、ふ化してして成虫になるまで観察しようと思ってます。

  7. siawasekun より:

    ネイチャーアート
    ネイチャーアートですか。。
    初めて、見ました。
    そういうものですか。。
    珍しいもの、ありがとうございました。。

  8. 菜園ブログ より:

    ゆりかごの絵
    私も一見 写真か と見間違えました。 しゃしんとは違う表現に、ご苦心があるのでしょね。

  9. ポタ より:

    siawasekun さま
    こちらこそ見ていただいてありがとうございました。
    細密画ですが、自然にかんする絵なのでネイチャーアートといいます。植物画はボタニカルアートです。私はボタニカルだけでなく、昆虫や蜂の巣なども描きます。
    野菜とはあまり関係ないので、いままでは載せていませんでした。

  10. ポタ より:

    Sasagawa さま
    写真は接写すると焦点が合った部分以外がぼけてしまいます。その点、絵は全面を細かくかけますので図鑑などには向いています。
    絵はどうしても自分好みの色や線になります。そこが写真と違っていいのでしょうね。私の性格は優しくないと思うのですが、絵がやさしいとよく人にいわれます。

  11. 小鳥沢 より:

    描かれたオトシブミ
    ”落とし文・オトシブミ”・・・
    素敵な絵になって、落とし文へ連想が広がりました。
    上手ですね~!