畑の害虫 テントウムシダマシ ニジュウヤホシテントウ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャガイモの葉にいたニジュウヤホシテントウを見つけた。

 ニジュウヤホシテントウはジャガイモ、ナス、トマトなど、ナス科野菜の害虫。

 テントウムシの仲間には、ナミテントウやナナホシテントウ、ヒメカメノコテントウなどのようにアブラムシなどを餌にする肉食系とニジュウヤホシのように植物を食べる草食系のほかに、キイロテントウのように、うどんこ病のカビを餌にする菌食系がある。

 ニジュウヤホシテントウに似ているが模様が大きいオオニジュウヤホシテントウも同じくナス科野菜の害虫。この2種は、一般にはテントウムシダマシと呼ばれる。

 この2種類の害虫は平地よりも山間地の畑で多く発生する。
 防除法は、防虫ネットでガードするか、農薬散布で防除する。動きがやや鈍いので、ポタケではもっぱら捕殺法だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA