ネギの害虫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タマネギの葉上に、羽化したばかりのネギコガの成虫を見つけた。

 ネギコガはネギやワケギ、タマネギなどネギ属の害虫。葉の表面に産みつけた卵が孵化すると、幼虫はネギに接した面から葉の内側入り込んで中から食害する。
 成長した幼虫はネギの葉の外側に出て蛹になる。蛹は白い網のように透けた繭に包まれている。

 ポタケの周りにはネギ畑がひろがっているが、農家では定期的に薬剤散布をしているのでネギコガは発生はないようだ。

 ポタケでも蛹を見つけたら取り去る程度で被害はほとんどない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ネギコガの幼虫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 蛹。繭に包まれている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 蛹から羽化したところ。翅を乾かしている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 成虫