クマンバチの飛行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クマンバチの和名はクマバチ(キムネクマバチ)。クマバチは花の蜜や花粉を集めるハナバチ(花蜂)の仲間だから、果菜類の授精に役立っている。
 クマバチは、ポタケに咲いているヘアリーベッチの花によくやってくる。

 写真のクマバチは♂。ポタケが縄張りらしく、ポタケに行くたびに、1〜2mほどの高さをホバリングしているのを見ることができる。そして、視界に現れたものを何でも追いかける。観察によると、20mほど離れたところを飛んでいる小さな虫も彼には見えているようだ。♀を待ちながら縄張りを守っているのだという。

 クマバチは藤の花が大好きらしいが、夏になるとポタケのカボチャやキュウリの花にもよくやってくる。

 大きくてこわそうだが、雄は針を持たないので刺すことはない。また、虫はよく追いかけているが人間には興味がないようで、私はいちども追いかけられたことない。

 今日は最近常用しているOLYMPUS PEN E-P5 MACRO F2.8ではなく、久々にNikon D5300にMICRO NIKKOR105mmをつけてマニュアルフォーカスで撮ってみた。

 クマバチはホバリングするといっても、ひっきりなしに縄張りに侵入してくる外敵を追い回している。だから、1箇所に1〜2秒しか留まっていないので撮るのに苦労した。この写真は、ポタケ仕事の合間に撮った10枚ほどのなかから選んだもの。

kumabati hisyou

kumabati hisyou2

コメント

  1. クマンバチよく撮れましたね、正面からの写真は初めて見たような気がします。思いもよらぬポジションに感心しました。
    うちの畑の藤の花にたくさん寄ってきますが、密を吸いに花に止まったところしか撮っていません。

  2. ポタ より:

    たまたまですよ。

    藤の花はクマンバチしか蜜が吸えない構造だそうですね。
    今年は無理ですが、こんどは藤の花がバックになるように撮ってみたいです。