防草シートの下に立体迷路

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 防草シートを敷き直すために剥がしたら……。
 下からこんな迷路が出てきた。
 これは、アリの巣穴。アリは、よく、防草シートの下やマルチフィルムの下に巣穴を作る。雨から巣を守るためだ。

ari suana

 ところで、畑では、アリは熟した果実を食べたり、アブラムシを守ったりする。その点では害虫だが、イモムシやコガネムシなどの害虫を狩ったり、落ちた果実を処理してくれる面では益虫でもある。
 本来、害虫とは人間が勝手に決めたもので、人間に都合の悪い虫は害虫とされる。だから、畑では益虫に入るはずのクモやハチ、ムカデ、ゲジゲジなども、住環境では害虫扱いされ、いろいろな殺虫剤が販売されている。
 もっとも、家の中にハチやムカデが入ってきたら危険だから仕方がないかも知れないが。

ari hanamuguri

 トウモロコシにやってきたハナムグリを襲うアリ。