トマトの裂果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先々週のことだが、ポタケのミディトマトが裂果した。
 このトマトは雨除けハウスのトマトと糖度を比較するために露地栽培しているもの。

 トマトの裂果の原因は、長いあいだ雨が降らなかったあとに雨が降ったため。乾燥状態が続くと果皮が硬くなるが、降雨によって根からの水分吸収量が増え、果実への水分供給量も増える。そのために、果皮をが内部からの圧力に絶えきれずに裂果する。
 もう一つ原因は、それは収穫時期が遅れたことだ。何個か熟したところを写真に撮りたいと思い、収穫適期を過ぎてそのままにしてあった。いわば過熟状態のトマトだ。

 このトマトはミディトマトだが、ふつうトマト(大玉トマト)でもミニトマトでも、同じような条件に置くと裂果が起こる。完熟したトマトは糖度も上がって美味しいが、過熟になると肉質も軟らかくなり、糖度も下がる。だから、適期に収穫することが大切だ。
 トマトは、土が乾き気味の方が糖度は上がるが、露地では雨天時に多湿になってしまうから、どうしても乾湿の差が大きくなる。そんな時は敷きわらなどのマルチをして土の乾湿の差を少なくしてやるといい。

miditoma rekka

コメント

  1. 菜園ブログ より:

     マルチを張って植えていますが、今年は 晴の日が続いた為か 一段目の実に裂果が発生しました。例年 梅雨明け以後は発生していますが、一段目では始めてです。 品種は「桃太郎ファイト」です。

  2. ポタ より:

    菜園ブログ さま

    私のこのトマトもマルチはしています。
    今年は少雨でしたから特別ですね。