ユリ根

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3年前に鱗片挿しで増殖したコオニユリの花が咲いた。
 鱗片は正月にデパートで購入した食用のユリ根(コオニユリ)のもの。

 鱗片挿しは、鱗片をポットなどに挿す方法だが、ポタジェ流はもっと楽な方法を用いた。
 まず、バラバラにした鱗片をポリ袋に湿らせたバーミキュライトと一緒に入れる。このとき注意することは、バーミキュライトに対して鱗片を少なめにすること。
 挿し芽の時期が1月だったが、無暖房の部屋の窓際に置いた。そして、根と小さな鱗茎が出来た苗を4月に畑に植えつける。 その年の秋、地上部が枯れたころに球根を掘りあげ、新しい場所に植え替えた。

 食用にするには花を摘んで球根を太らせることが必要だが、今のところ、食べるつもりはないので花を楽しんでいる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough

コメント

  1. いろいろなことご存じなんですね、感心しました。
    ユリ根がコオニユリとは知りませんでした。実家の徳島の里山で今時分咲くのはオニユリばかりで、強烈な色彩が真夏に合っているなと思っていました。茨城に来てみると、白い山百合が里山に咲いています。オニユリは畑でしかみかけませんでしたが、あれはコオニユリだったかもしれません。

  2. ポタ より:

    ぎゅうちゃん さま

    うろ覚えですが、オニユリは確かムカゴができたかと。コオニユリにはムカゴが出来ません。
    ヨシノユリ(白い花のヤマユリです)も百合根にしますね。
    コオニユリより大きな球根になると思います。
    百合根の栽培は北海道が多いですね。