紫葉のバジル Violetto Aromatico

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プランターに一緒に植えたトマトは連日の猛暑で絶えてしまったが、バジルは元気に花を咲かせている。
 バジルは英名(Basil)、イタリア語でバジリコ(Basilico)。和名はメボウキ。
 このバジルは、「ヴァイオレット アロマティコ」というイタリア産の種子。葉が紫色の品種で、日本の会社が輸入販売しているもの。

 花を撮ろうとしたらカマキリの幼虫がいるのに気がついた。まだ調べていないので、このカマキリの種類は分からない。ちなみに、日本の本州以西に生息するカマキリには、オオカマキリ、チョウセンカマキリ(この種類を標準名でカマキリというらしい)、ウスバカマキリ、コカマキリ、ハラビロカマキリ、ヒナカミキリ、ヒメカミキリなどがいるらしい。ポタケでよく会うのは、オオカマキリとコカマキリ、ハラビロカマキリくらいだ。

 カマキリは幼虫の時はアブラムシなどを、大きくなると大きな昆虫などを補食する。幼虫と成虫は少し形が変わるものの、大人になってもスリムな容姿を保ち続ける。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメント

  1. 菜園ブログ より:

     暫く ご無沙汰に過ぎ失礼しております、毎日 欠かさずにいろんな写真をアップされて お元気にお過ごしのご様子お慶び申し上げます。
     それにしましても この夏の異常な暑さと乾燥続きにはまいっています、夏野菜の片付けと 秋野菜の準備の月に入りましたが 加齢のせいにして傍観しています。

  2. ポタ より:

    菜園ブログ 様

    今年の暑さには参りました。
    私も歳のせいかと思ってましたが、若い方も疲れと眠気に襲われているといっています。

    畑は、どうしてもやらなければいけない仕事があるとき以外は目を瞑っています。
    猛暑のためか虫も少ないので写真もあまり撮れません。
    それと、今年は雑誌「やさい畑」の記事のための栽培が多いので、ブログに載せる記事が少ないです。
    ここのところ夜温も下がり、やっと平年並みの暑さになってきたようですから、ボチボチ仕事再開です。

  3. 紫のバジルがあるとは聞いていましたが、自分では栽培したことがありません。拡大して観察すると赤シソに似た花のようです。種をみつけたら栽培したいと思っています。
    (ご無沙汰していましたが、一仕事納めて落ち着いたのでブログ訪問再開します。よろしくお願いします。)

  4. ポタ より:

    ぎゅうちゃん さま

    種は通販で購入しました。
    利用する目的はないので花を咲かせてしまっています。
    猛暑が去ったと思ったら、秋雨前線停滞ですね。
    畑作業がなかなか捗りません。