コマユバチ 繭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 田んぼの畦道を歩いているときに、雑草の穂に白い粒々が着いているのに気がついた。
 穂を折り取って間近でみると白いものは小さな繭だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 そこで、裏返してみると、なんとアオムシが。どうやらコマユバチの仲間の繭らしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 初め、アオムシの腹側にある黒いものが模様だと思っていたのだが、拡大して見たら気門が破れて拡大していたようだ。きっと、ここからコマユバチの幼虫が這い出してきたのだろう。

 それにしても、ここは田んぼのど真ん中。周りを見回しても、アブラナ科の野菜など1本もない。モンシロチョウの幼虫でないとすると、スジグロシロチョウの幼虫?それともほかのシロチョウの仲間?つぎつぎと疑問がわいてくる。