瑠璃色の昆虫発見

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サツマイモの蔓を片づけていたら、土の中から瑠璃色の虫が這い出してきた。

 そこで、取り敢えず背側から1枚、ひっくり返して腹側からもう一枚、マクロレンズで写真を撮った。虫が小さい(体長1㎝たらず)ので撮っているときは気づかなかったが、家に帰って写真を拡大して見たらカメムシだということがわかった。図鑑で調べたらルリクチブトカメムシとあった。

 野菜には関係ないハムシの類だと思い、適当に撮っていたので写真がぶれてしまっている。ポタケでは初めて見る昆虫なので、もっとしっかり撮っておけば良かったと反省。

 ルリクチブトカメムシは、草原などにいるカメムシの仲間。ハムシ類の成虫や幼虫を捕食する肉食系のカメムシだ。
 全国各地に見られる昆虫だということだが、最近は絶滅が危惧されている地方もあるようだ。環境の変化が原因だろうか。

ruri kamemusi1

 腹の両側にせり出した部分がカメムシ類によくある特徴だ。

ruri kamemusi2

 腹側からの画像。手前(頭側)中央に口吻が見える。