今冬いちばんの冷え込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日(12月5日)の朝は今年いちばんの冷え込みだった。
 8㎞ほど離れた所にあるアメダスの測定では最低気温が1.1℃だった。ポタケの百葉箱に設置した温度計も0℃以下を指している。当地の方が少し低い値を示しているが、気象観測用の温度計でないためあまりあてにはならない。あくまでも目安のつもりで使っている。

  こんなに冷えても、まだ昆虫は元気だ。ポタケでは、カマキリやモンキチョウ、モンシロチョウ、シジミチョウ、テントウムシ、オンブバッタも活動している。

 

 動きは鈍いがナミテントウもまだ元気だ。

 どこからかナナホシテントウも飛来した。

 霜に弱い植物は葉先が枯れ始めたが、寒さに強いオカノリ(和名:冬葵(フユアオイ))はカキノキの下で花を開いている。直径1㎝ほどの小さな花だが、アオイ科らしい姿だ。