マルチフィルム張りの工夫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダイコンのトンネル栽培用にマルチを張った。
 独りでマルチを張るのはちょっと大変だ。とくに風があるとフィルムが煽られてしまい張りにくい。しかし、ちょっと工夫をしてみた。この方法だと少しぐらい風があってもしっかり張れる。

 当日は微風があったが、長さ5mの畝にマルチがけをした。

畝の両端でフィルムを角材などに巻きつけ、Uピンなどで留める。

畝の両端でフィルムを角材などに巻きつけ、Uピンなどで留める。片方を留め終わったら、もう片方から強めに引っ張り同じように固定する。

両サイドに溝を切り、土で抑えて完成。

両サイドにマルチフィルムのサイズに合わせて溝を切り、土で抑えて完成。

コメント

  1. Heyモー より:

    おはようございます! ポタさん
    Heyモーです
    なるほどこうして角材に巻いておいて張れば
    しっかりきれいに張れますね
    いつも やりにくいまま いいかげんに張っているので
    早速実行させていただきます
    3/12から区民農園が開園するので新しい畝立て マルチ張りに
    ちょうどよかったです!!
    どうもありがとうございました

  2. ポタ より:

    Heyモー さま

    お役に立ってよかったです。

    最初はパイプを使って見たのですが、滑ってしまいうまく行きませんでした。
    そこで、角材のあまりに巻くようにしました。

  3. 輝くばかりにぴったり丁寧に張りましたね、感心しました。
    貼る前の畝を入念に平らにした様子がうかがえます。
    春先は風が強く作業が大変です。

  4. ポタ より:

    ぎゅうちゃん さま

    板を使って均しました。
    ピッタリ張れば風にも強いですね。