ポタリング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポタリング(自転車でぶらぶらほっつき歩くこと・自転車散歩)をした。
この自転車は30年ほど前に購入したもの。

東京・両国の自転車屋さん「いちかわ」のオリジナル「River One」だ。当時はまだミニベロ(タイヤサイズが24インチ以下の自転車)が一般的ではなかった時代。10㎏ほどと軽く、前2段、後ろ4段のギヤー。イタリア製のリム、カンティのブレーキやソービッツのライトなどなど、贅沢な部品が使われている。当時で10万円ほどしたが一目惚れして買ってきた。

タイヤやサドルもスポーツタイプだったのだが、近くの自転車屋さんに部品がなかったので一般用のものに替えてしまった。しかし、あとは買った時のままだ。

昨年末、「いちかわ」さんでシフトレバーとハンドルグリップなどの部品交換と修理をして貰った。20インチ車だが、走りは快適で普通サイズの自転車にも引けを取らない。今日はポタケまでだったが、明日は江戸川堤防上のサイクリング道を走ってみるつもりだ。

ポタケにて。フロントバッグは自作。

フロントバッグは既製のものを改造。

途中の畦道で休憩。

途中の畦道で休憩。

コメント

  1. 自転車はいいですね。ゆっくりとした気分になります。
    私も二十歳の頃に給料の2倍のツーリングタイプを購入、東北や北海道をツーリングしましたが、その時の自転車はまだ健在、時間がとれるようになったら乗るつもりで、捨てるに捨てきれません。

  2. ポタ より:

    ぎゅうちゃん

    給料の2倍とは奮発しまいたね。
    私のは給料の半分ぐらいだったかも。
    最近は、0が5つつく自転車も珍しくなくなりましたね。

    1人で走っているときの、シャリシャリというギヤーの音が好きです。