ポタケにトウキョウ**がやってきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

露地メロンの茎に見慣れない昆虫が止まっているのに気がついた。
家に帰って図鑑で調べてみるとトウキョウハンミョウらしい。
東京周辺に棲息と書いてあるが、周辺とはどのあたりまでを指すのか不明。
露地メロンの花が邪魔だったので、もっと近づいて撮ろうとしたらピョンと跳んで逃げてしまった。

翅の綺麗なハンミョウをいちど見たいと思っているが、まだ会ったことはない。
川原や開けた砂地などにいるそうだから、この目で確かめたいものだ。

ハンミョウの仲間は、土に垂直に空けた小さな穴の中から上を通る虫を捕らえる。
その穴にニラをさし込むと、幼虫が噛みついて釣ることができるので、通称ニラムシと呼ばれる。
子供の頃、同じ仲間のニワハンミョウを、ニラで釣って遊んだことがあるのを思い出した。

※potagerの画像はクリックすると拡大します。

トウキョウハンミョウ