セイボウというハチの仲間

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポタケのミントも満開時期を過ぎつつある。
ミントは畑に訪花昆虫を呼ぶ目的で植えたもの。

今日は、以前から撮りたいと思っていたセイボウの仲間がやって来た。セイボウは狩り蜂の幼虫に寄生するハチの仲間。狩り蜂が卵を産み終わった頃を見計らって、セイボウが巣の中に卵を産みつける。

図鑑で調べてみたところ、このセイボウはオオセイボウと思われる。オオセイボウは、幼虫に直接卵を産みつけるハチではないので外部寄生する寄生蜂の仲間だ。狩り蜂の幼虫がオオセイボウの餌になる大きさになっていないときは、狩り蜂の幼虫の餌(イモムシ類)などを食べて、狩り蜂の幼虫の成長を待つそうだ。
以前、竹筒のトラップ周辺にいたハチもオオセイボウかも知れない。きっと、コクロアナバチ(狩り蜂)の巣を狙っていたのだろう。

ちなみに、セイボウは漢字で書くと、青蜂。成虫は花粉や蜜を餌にしているから、訪花昆虫として花粉媒助に一役買っている。

※画像をクリックすると拡大します。

ミントの花にやって来たオオセイボウ?