茹で蟹の絵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 茹でた蟹を食べる前に描いてみた。蟹だけでは寂しいので、畑から花菜の咲いてしまった花をとってきて添えてみた。

 蟹は、茨城県大洗の市場で買ってきたものだ。ズワイガニだと思うが、ベニズワイガニとかオオズワイガニとかいう種類もあるので、確かかどうかは分からない。茨城のズワイガニは、「越前蟹」で有名な福井県にも出荷しているという。
 ズワイガニは、日本海側では山口県以北、太平洋側では茨城以北で取れるというが、味はやはり日本海側で取れたものがいちばんだと聞く。

 ズワイガニは、鳥取県、兵庫県などでは「松葉がに」、福井県では「ズワイガニ」「越前ガニ」、山形などでは「ヨシガニ」とも呼ばれる。ただしこれはオスに対する呼称で、メスは山陰では「セイコガニ」「セコガニ」、北陸では「コウバコガニ」などと呼ばれる。値段はオスのほうが格段に高い。金沢の市場では、越前ガニは1杯ずつ売られているのに対して、箱に平たく詰められたセイコガニが結構良い値で売られていた。

 蟹の絵を描いているうちに、茹で蟹が自分を見つめているような気がしてきて早々に切り上げた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Unknown
    本当に、蟹が「食べる気あんの~?」って言ってるような気がしますね。お味はいかがだったでしょうか?
    蟹の陰影がいいですね。
    「やさい畑」春号、出たんですね。まだ団塊じゃないけど楽しんで読ませて頂きます。

  2. 菜園ブログ より:

    ずわいがに
     甲羅の感じがよく出ていますね、水彩でもこんな感じが出るのだ!と、とくと拝見しました。
     もう菜の花は満開ですね、ほっとします。

  3. 小鳥沢 より:

    蟹の絵
    まだ生きてるような蟹の絵ですね~!
    絵を見せて頂く日を楽しみにしていました。
    描こうと思った瞬間、絵筆をとられて・・・
    絵心のある方は素晴らしいですね。
    ありがとうございました。

  4. notti より:


    ズワイガニは食べた事ないような・・・。
    でもとても美味しそうに描けており食欲をそそります。蟹さんごめんなさい。
    こちらでは毛蟹が断然美味しいですね。タラバもですけど。

  5. Yu より:

    Unknown
    ポタさん
    とても優しい色彩の素敵な絵を描かれますね。
    かにさんの目何を言いたいのでしょう。美人に書いてねって言っているような気もしますが。
    美味しそうなカニを目の前にじっくり絵筆を撮っていらっしゃるポタさんすごい。

  6. もいもい より:

    カニは何を食べる?
    タコが大根を抜いて食べるという話は聞いたことがありますが、さすがにカニはそんなことはしないんでしょうね。
    こんなのが畑でノソノソしていたら恐いんだか嬉しいいんだか分かりませんね。

  7. ポタ より:

    ブルーデージー さま
    蟹の肉が柔らかめでした。やはり日本海の蟹じゃないとだめなんでしょうか。
    「やさい畑」、団塊のつもりで見てください。続いて夏号は、支柱立てについて、私のイラスト入りで執筆します。予告です。

  8. ポタ より:

    sasagawa さま
    蟹は普段そんなにしげしげと見たことはないのですが、絵を絵ためにじっくり見ましたら、変な顔ですね。もっとも、人間の顔も、よくよく見るとおかしなつくりだと思うことがあります。これって変人でしょうか?
    菜の花は咲きましたが、今日は寒かったですね。今日は、新宿御苑のインフォメーションセンターに行ってきました。絶滅危惧生物のネイチャーアートをやっています。私が教わっている松原巌樹先生の絵も沢山出品されています。明日までです。お時間がございましたらご覧ください。

  9. ポタ より:

    小鳥沢 さま
    描いた翌日、私の水彩の先生に見ていただきましたら、スプーンが左上がりだと良かったと言われました。たかが1本のスプーンですが、向きによって大分印象が変わるんですね。
    食べたいものは、描きたいものと共通しているようです。生きた蛸、とりたてのイカ、伊勢海老、金目、ナマコなども描きたいですね。

  10. ポタ より:

    notti さま
    タラバも、毛蟹も好きです。細い足の肉をとるのが面倒なんで、足が太くて、蟹味噌が一杯入っているのがいいですね。網走のカニ料理屋さんで食べたのが美味しかったですね。
    美味しそうに見えてよかったです。怖そうに見えるかと思いました。ありがとうございます。

  11. ポタ より:

    Yu さま
    これでも、かなり強い絵が描けるようになってきたんです。前は、もっとやさしい感じの絵でした。
    食欲を抑えながら絵のは、精神的によくないんでしょうね。犬がおあずけされているような心境です(笑)
    Yuさんも絵を描かれるんですか?そんな気がします。

  12. ポタ より:

    もいもい さま
    蛸がダイコン抜くんですか。たしか、ラッキョウつけて釣るんでしたよね。
    ザリガニみたいに、野菜を食う害蟹ですか?そんなのがいたら、餌を一杯やって育てちゃいますよ。

  13. 吉ちゃん より:

    Unknown
    ズワイガニのオスはその地域によって“松葉蟹”とか
    “越前蟹”とか“ヨシ蟹”と言うように呼ばれるんですか私は全部種類だ違うと思っていました。
    仙台に住んでいた時行きつけの店で雌の蟹を食べさせてくれたときがありましたその時“セイコ蟹”と言われた記憶があります。仙台でも雌のズワイを“セイコ蟹”言っているのかもしれません。
    椿の件教えていただきありがとうございました。
    茶花にと言う女房の希望ですがポタさんの暖かい気持を活けさせていただきます。お心遣いありがとうございます。

  14. かりん より:

    Unknown
    凄~~~いっ!! さすが!ポタさんですね! (〃∇〃)
    蟹の表情がとっても雰囲気が出ていて、素晴らしいです!!
    そして花瓶と菜花が、また優しい雰囲気で素敵~♪
    ポタさんを見つめていた茹で蟹ちゃん・・・
    何を思いながら~見つめていたのかしらね…。( ̄∇ ̄;)(笑)

  15. ポタ より:

    吉ちゃん
    植物だけでなく、魚介類も地方によっていろいろ呼び名があるんですね。
    金沢の市場でもセイコガニという名札をつけて売っていました。

  16. ポタ より:

    かりん さま
    そういえば、この日はバレンタインデーだったかも(^-^)
    蟹さん、私にひょっとして……、ということはないですね(笑)
    描いたの16日でした(笑)
    そんなにほめられちゃ、照れちゃいます;(^.^);、
    でも、調子に乗って、明日は、アイリスの絵でも載せちゃいましょうか\(^o^)/