ネギのタネをまいた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

もうすぐ彼岸の中日だ。ポタケではモンシロチョウも舞い始めた。

ネギの品種は、越ヶ谷一本太。以前は一般的な品種だったが、最近では作る人が少なくなったのか、スーパーなどではほとんど見かけることはない。やわらかくて美味しいネギなのだが。噂では料亭でしかお目にかかれないとか。

タネは、10㎝間隔にすじまきした。そして、昨年のうちに農家から戴いてあった籾殻を薄くまいて、さらに不織布を掛けた。

今回の目的は大苗をつくること。市販のネギ苗は小さいので、出来るだけ大きな苗を作ろうと思っている。

すじまきして覆土してから籾殻をまいた。

不織布掛けをした