トックリバチ 畑の益虫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 トックリバチの類(ドロバチ科)は泥で作った徳利のようなこの巣の中に、仮死状態のアオムシやイモムシなどの餌を入れ、卵を産みつける。やがて、孵化した卵はその餌を食べて大きくなり、羽化して徳利の外に飛び出す。

 土の中や筒の中に同じようにして卵を産む蜂もいるが、いずれも毒液で獲物を仮死状態にしておく。殺してしまうとすぐに腐敗するが、仮死状態なら餌も長持ちするからだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする