ムスクランのプラグトレイ栽培

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


5月1日に載せたムスクランが収穫時期を迎えた。

木枠は、プラグトレイに合わせてホームセンターで切って貰ったもの(1カット50円だが、まとめて切って貰うと安くつく)。前もってドリルで穴を空け、長めのねじ釘で止めてある。
下に桟を入れたりレンガを入れて空間を作れば、排水がよくなりナメクジなどの被害も小さくなる。

私は同じサイズのものを5個ほどこしらえた(680円×2(板)+300円(カット代))。今後、プラグトレイで小カブやラディッシュ、リーフレタス、ベビーリーフ(アブラナ科の野菜)、チンゲンサイなどを栽培し、枠を組み合わせて楽しみたい。それから、アブラムシやナモグリバエなどの害虫防除を目的に、簡単に防虫ネットをかけられる仕掛けも考え中だ。

肥料は培養土に入っていたものだけでここまで育った。昨日、はじめて葉物用の液体肥料(大塚化学)を500倍に希釈してジョロで散布した。来週ころから収穫できそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする