鹿ヶ谷南瓜 ししがたにかぼちゃ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 画像は京野菜の鹿ヶ谷(ししがたに)カボチャ。

 カボチャには、日本カボチャ、西洋カボチャ、ペポカボチャがある。ホクホクした肉質(粉質)のカボチャは西洋カボチャ、ベタベタした肉質(粘質)のカボチャは日本カボチャ、ズッキーニなどはペポカボチャだ。ペポカボチャには、装飾用のおもちゃカボチャや飼料用のカボチャなどがある。巨大カボチャコンテストなどで栽培されるのは、飼料用ペポカボチャの仲間だ。

 鹿ヶ谷は日本カボチャ。蕾がヒョウタンみたいだが、このまま大きく生長して、薄茶色のヒョウタン型のカボチャになる。

 葉陰に腐りかけた実があった。受精がうまくできなかったのだろう。ポタケ流栽培は、人工授粉を行わないこと。受粉は訪花昆虫任せの手抜き栽培だ。それでも、自家用には十分なほどとれるから問題ない。とれすぎた野菜を近所にお裾分けという手もある。しかし、好みでない野菜をたくさん戴いてしまい、捨てるにも捨てられず困ったことがある。だから、自分の家で食べる分だけ収穫できれば、それで十分だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする