第二の人生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


《アワノメイガ》


《アワノメイガ 腹側》

先日、トウモロコシを収穫したときに中にいたアワノメイガの蛹が2匹、無事羽化した。今は小さい方の蛹のみの羽化だ。画像は、アクリルケースの中で飼育していたもの。自然の中ではなかなかじっくり観察する機会がないので、私にとっては貴重な資料だ。出来れば、羽化する過程を撮りたいと思っているが、2回とも朝起きたら羽化してしまっていたので、その機会にはまだお目にかかれないでいる。この蛾も蝉などと同じように明け方に羽化するのだろうか。

ところで、蛾や蝶は幼虫時代と成虫になってからでは、姿形や食べ物、移動の手段などがまったく違ってくるのが不思議だ。そして、このアワノメイガの羽化を見ていたら、幼虫は第一の人生、成虫が第二の人生のように見えてきた。
私は、いま退職後の第二の人生を送っているが、こうして、過去とは違う新しい生き方が出来る蛾や蝶の生態が羨ましくも思える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 吉ちゃん より:

    Unknown
    憎き天敵アワノメイガを見ると踏み潰してしまいますがポタさんのこの生態の状況を見ているとガも懸命に生きている姿がうかがわれますね。でも悪するときはやはり踏み潰すかも知れないです。

  2. ポタ より:

    吉 ちゃん
    私は、見つけたときには水葬、気がつかなかったときにはトウモロコシと一緒に釜ゆでにします。今回は成虫の姿を確認したくて飼ってみました。

  3. 小池 より:

    私も
    私も殺しはしませんが、追い払います、すみません

  4. 菜園ブログ より:

    アワノメイガ
     あのアワノメイガも、うまく写真に写真と美しいですね。
     第2の人生も、このように美しくありたいですね。

  5. ポタ より:

    sasagawa さま
    蛾は蝶と同じ鱗翅目ですね。夜活動するのが蛾、昼間活動するのが蝶というのが一般的ですが、そうとばかりは言えないようです。とにかく、親戚同士ですから、蝶の中にも蛾のようなものもいますし、蛾の中にもアワノメイガと違って、蝶と見紛うような派手なものもいるようです。
    この蛾も、よく見ると美しい形、美しい模様と色をしていますね。

  6. ポタ より:

    小池 さま
    追い払えば餌がなく、やがて飢え死にします。

  7. もいもい より:

    Unknown
    第二の人生が蛾では人から嫌われているので嫌ですね。せめて蝶の方が…でも芋虫の人生も嫌ですね。
    なかなか第一も第二も人から好かれる人生の昆虫っていませんね。

  8. ポタ より:

    もいもい さま
    蝶でもよく見ると気持ちが悪いですね。とくに胴体はイモムシそのものです。