スティックセニョール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 スティックセニョールは、サカタのタネから販売されているブロッコリーと中国野菜の芥藍(かいらん)の掛け合わせでできた野菜だ。茎(ステム)ブロッコリーと呼ばれている野菜で、ブロッコリーのように大きな花蕾はとれないが、主花蕾を摘んだあとに側花蕾が15本ぐらい収穫できるという。普通のブロッコリーも側花蕾がとれるが、茎ブロッコリーは茎も柔らかく食べられるのが特徴だ。

 この茎ブロッコリーは、1本のカリフラワーがヨトウムシにやられ、枯れてしまったため、9月18日に購入苗を補植したものだ。主花蕾は11月中に収穫してしまったが、側花蕾が伸びてきたので写真に撮った。

 ブロッコリーには、まだアオムシが何匹もついている。冬の寒さにどこまで耐えられるのかを観察中だ。果たしてこのまま幼虫の姿で冬を越すのか、それとも蛹になって冬を越すのだろうか。幸い寒くなってからはアオムシの食欲も減退したらしく、大きな被害にはならないようだから、このままにしておこうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 初カキです
    はじめまして^^
    楽しく見させてもらって初カキしてます♪またちょこちょこ遊びに来ますね
    そうそう、楽しいと言えばこれも相当よかったですよ~。お正月休みによかったら(//▽//)http://tarou55.net/d/998

  2. sasagawa(菜園ブログ) より:

    スティクセニョール
     私も、たまたまスティックセニョールの写真をアップしました。
     今の時期がちょうどいい脇芽の出る条件ですかね?

  3. ポタ より:

    sasagawa さま
    私のはちょっと小さめです。ブロッコリーの脇花蕾も出始めています。