衣類の大敵ヒメマルカツオブシムシ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カツオブシムシの成虫が畑にやってきた。

katuoR0010864.jpg

画像はカツオブシムシだが、種類は不明だ。

カツオブシムシ類のヒメマルカツオブシムシの幼虫は、スムシという衣類の大敵。
タンパク質を好むので、昆虫標本なども食い尽くしてしまう。
そこで、骨格標本を作るときなどに利用するそうだ。
私は昨年、大事にしていた和筆を10本ほど喰われてしまった。

成虫の餌は花の蜜だ。
羽化して交尾し卵を産んだあと花にやってくるらしい。
花の種類にも好みがあって、キク科の花が好きだと本には書いてある。
まさに、この花はキク科のカモマイル(カモミール)。
しかし、昨年はフィノッキオ(フェンネル)の花にやってきていたのをみると、キク科の花に限ったことでもなさそうだ。
それとも、別の種類なのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする