サルシファイ(西洋ゴボウ)栽培

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サルシファイが大きくなってきた。

画像はサルシファイ。
サルシファイは和名西洋ゴボウ。
ゴボウと同じキク科の野菜だが、ゴボウとは葉の形も大分異なる。
サルシファイと呼ばれている仲間に根が黒いブラックと白いホワイトがあるが、ブラックはスコルツォネラという別属の野菜。

saru.jpg

どちらにしても、サルシファイはオイスターの香りがする。
そこで、オイスタープラントの別名も。
調理法はシチュー、スープ、フライなど。
オリーブオイルとの相性がよい。
蕾や花、若葉、花茎も食べられるので重宝。
中間地のまき時は2月から7月だから、まだ間に合いそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする