キュウリの害虫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水耕のキュウリの果実に数匹のカメムシがついているのを見つけた。
クサギカメムシらしい。
このカメムシ、傍をとおりだけで強い臭気を発した。

kame1.jpg

このカメムシ、1本の果実に2,3匹ずつついている。
写真を撮ろうとすると、そそくさと葉陰に隠れたり、果実の裏側に回ってします。
普通のカメムシは触れたりしないと臭いを発しないが、このカメムシは傍を通っただけでも臭い。

kame2.jpg

汁液を吸われたキュウリは凸凹に変形している。
縦に切ってみるとこのとおり。
汁液を吸われた部分が空洞になっていた。
また、上の小さな果実は色が変わってしまっている。

文献によると、雑木林の傍や雑草が生えていると発生しやすいとあった。
住宅街なので雑草も雑木もないのだが……?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする