錦インゲン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

錦インゲンが収穫できた。
このインゲンはグリーンカーテンにするつもりでプランターにまいたもの。
いまは、2階の窓まで届くほどに伸びている。

nisiki.jpg

錦インゲンは愛媛県の伝統野菜。
明治時代に北海道から導入した大丸うずら菜豆(さいとう)から選抜されたものという。

錦インゲンの莢は、最初は緑だが、中の子実が育つにつれて緋紫色の斑紋が出てくる。
地元では、莢を2つに切り分けて煮て食べるのが一般的らしい。
莢が黄色くなったものを剥いてみると、中から莢と同じ模様の綺麗な豆が出てきた。

nisiki2.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ジュヤ より:

    錦インゲン、今、探しています。
    伝統野菜と本には載っているけど、愛媛県での認識は薄いのかもしれません。
    故祖父母が栽培していましたが、こんなに種が入手困難だとは思いませんでした。伝統野菜、種、大事にしたいですね(*^_^*)

  2. ポタ より:

    ジュヤ さま

    ずっとアップをサボっていました。
    久々に開いてみて、コメント拝見しました。
    すみません。

    伝統野菜は栽培が難しいとか、タネ屋さんが儲からないとか、いろいろ事情があるのでしょうね。
    しかし、伝統は大切に守りたいものです。