トマト アンデス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トマト アンデスという名の変わったトマトが収穫でした。
姿はまるでトウガラシのようだ。

andes.jpg

これが『トマト アンデス』の画像だ。

トマト アンデスはフランスの種子。
ネット通販で購入した。
絵袋には、Tomate Comue des Andesと書いてある。
そのほかには、栽培方法などが書いてあるだけで、品種についての情報は全くない。

果実は、ゼリー部が少なく、種もあまり入っていない。
また、皮が硬く、完熟したものは簡単に手で剥ける。
果長は15センチほどだが、2個も食べれば満足できるほど果肉が詰まっている。

今回は生食したが、つぎにとれたときには加熱料理に使うつもりだ。

なお、栽培方法は普通のトマトと同様。
戸外で保温育苗したので収穫時期がいまになってしまった。
栽培は無農薬。
雨除けで回りを防虫ネットで囲んであるので、害虫もほとんど発生していない。
肥料は堆肥のみの元肥なしで、10日に1回の液肥のみの栽培。
今年は連日猛暑で実のつきも思わしくないが、涼しくなってからの収穫が楽しみだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする