イチゴの定植

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 昨日イチゴを植え付けた。肥料は、イチゴ専用の化成肥料。根が伸びたときに吸収できるように畝の深いところに熔成燐肥をまいた。

 リン酸肥料は実生長に影響する肥料で、糖度を高める効果もある。水に溶けて移動することが少ないので、追肥でまいても効果がない肥料だ。

 イチゴは草丈が低いので、かがんでやる作業が多いから木枠を組んだ高設ベッドにした。板はホームセンターで適当な長さに切って貰ったもの。防腐剤を塗ったものは体によくないと思い、無処理のものを買ってバーナーであぶってみた。2年目になるが、全く傷んだところはないようだ。苗は通路側に実がつくように植えてある。

 コンパニオンプランツにはペチュニアが良いそうだが、この写真のすぐ手前にはハーブガーデンがつくってあるので、訪花昆虫はこれでもかというくらい飛んでくる。

 このさき、春先に芽が動き始めたら追肥とマルチ掛け、花が咲き始めたら敷きわらをする。

 イチゴは冬の間、土を乾かさないようにするのがコツ。ものぐさの私には、それが問題だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もいもい より:

    Unknown
    私のイチゴ作りでは最大の難関が越冬です。
    これでかなり消えてしまいます。後はランナーの管理が出来ないので結局絶やしてしまいます。
    有機肥料だけにこだわるのも問題ですね。

  2. 苺の箱植え
    最近毎年イチゴを作っていますが、口には入りません。
    いつの間にやら消えてしまい、今年も苗を買うつもりです。
    箱植えのはいい方法ですね。このアイデアいただいて竹で囲いを作ってみます。

  3. かわせみ より:

    イチゴ
    我が家のイチゴは花が咲くけど実がなったためしがない
    むかしは沢山なっていたのだが、植え替えしないためだと
    かみさんは言っている。

  4. nao より:

    イチゴ
    今観賞用にイチゴを鉢に植えています。
    「ワイルドストロベリー」です。
    可愛い花を付け赤い実もなりますが・・・
    肥料をあまりやっていないので・・
    食用にも出来るように書いてありましたが・・?

  5. 菜園ブログ より:

    イチゴ
     うちの農園は、2月が契約期限ですから イチゴは作り難い作物です。 それでも何人かの方はトライしています。 もっと小さい苗を買って来て、密植しています。この写真では、株間は何センチ程でしょうか?

  6. 菜園ブログ より:

    イチゴ
     うちの農園は、2月が契約期限ですから イチゴは作り難い作物です。 それでも何人かの方はトライしています。 もっと小さい苗を買って来て、密植しています。この写真では、株間は何センチ程でしょうか?

  7. Yu より:

    Unknown
    ポタさん
    イチゴは今頃植えるのですね。
    イチゴ好きの私は自分で作ったイチゴをとって食べることが出来たらどんなに楽しいかしらと叶わぬ夢を見ております。
    収穫するまでには色々な作業があるのですね。伺っているととても楽しそうですが大変なこともたくさんあるのでしょうね。だからなお収穫の喜びは一入ですね。

  8. ポタ より:

    もいもい さま
    冬は寒さと乾燥で駄目になってしまうのでしょうね。寒いところは管理が大変ですね。

  9. ポタ より:

    ぎゅう ちゃん
    これだとナメクジも少ないようです。腰が痛くならなくていいですよ。

  10. ポタ より:

    かわせみ さま
    もう植え替えないと駄目でしょうね。植えっぱなしの場合、古い株を抜き取る必要もあります。

  11. ポタ より:

    nao さま
    ワイルドストロベリーも甘くて美味しいですよ。食べてみて下さい。

  12. ポタ より:

    sasagawa さま
    3mに7本×2列植えました。去年はこの間にもう1列入れましたが、それでもよくなりました。

  13. ポタ より:

    Yu さま
    門扉のところには鉢植えにしています。植え替えもしないのに毎年なっていますよ。でも、あまり甘くないので、食べずにそのまま飾っています。