アサツキ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 手前のアサツキはオケサアサツキ。奥のアサツキは普通種。オケサアサツキの方が葉がしっかりしている。

 オケサアサツキは冬は枯れるが、暑さについ良いのでふつうのアサツキが枯れるころの収穫できる。その代わり、寒くなると地上部は枯れてしまう。
 そこで、この2種類を植えておけば年中アサツキが食べられるという計算だ。しかし、そんなにうまくいくのかどうか、ただいま実験中。

おとといは春のようなあたたかな陽気だったが、昨日と今日は北風が強く気温も低め。それでも、枝垂れ柳の枝が緑色になってきた。春はもうすぐ。これから、畑仕事も忙しくなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 菜園ブログ より:

    アサツキ
     アサツキもいろいろな種類があるのですね、こうすれば アサツキの周年栽培が出来て 、ちょっとした薬味に使えていいですね。
     写真を拝見すると、ちょっとした薬味どころでは無い量の、見事なアサツキが穫れそうに思えます。

  2. ポタ より:

    sasagawa さま
    去年の球根が残っていたので全部植えてしまいました。アサツキはほとんど食べないので、どんどん増えてしまいます。

  3. かわせみ より:

    オケサアサツキ
    こんなしっかりしたアサツキならネギの代用にもなりそう
    ですね。きざんで薬味にするとか、こちらはまだまだ
    ですがお味噌で頂くと酒のつまみにいいですね。
    あの何とも苦さが・・・

  4. ポタ より:

    かわせみ さま
    私は茹でて、若芽と一緒にぬたにしたりします。
    春の味ですね。