ブラックベリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブラックベリーの花が咲いた。

 ベリー類は、ポタケの真ん中にハーブ類と一緒に植えてある。野菜畑にブラックベリー?と思われるかも知れないが、この畑は、野菜だけでなく果樹やハーブ、作物、草花を一緒に作るポタジェ(POTAGER)が目標。
 野菜でもたくさんの種類を植えると害虫の発生が少なくなるが、さらに果樹などの種類を増やすことによって自然の生態系に近い環境を作れるのだ。そうすれば、病害虫防除も不必要になる。その効果の影響か、昨年からは全く農薬は使用していないが、致命的な病害虫の発生はない。

 ブラックベリーの働きは、花にやってくる蜂やアブなどの効果だ。吸蜜にやってくる蜂やアブ類は畑の野菜の花の吸蜜もする。そして、受粉の手助けをしてくれる。狩り蜂は畑のアオムシなどを狩って巣に運ぶ。アブの一種、ヒラタアブ類の成虫は蜜を吸ったり花粉を食べたりするが、そのの幼虫はアブラムシやカイガラムシ類をを補その他る益虫だ。なかにはアオムシなどを補その他る種類もいる。
 夏に収穫した果実は、とれた順に冷凍しておき、ある程度の量になったら砂糖漬けにすると真っ赤な美味しいジュースができる。

 野菜だけでは何となく味気ない畑も、このように果樹が何本か植えてあるだけで、自然に近い生態系ができるとともに、食べる楽しみも増す。これがPOTAGERの効用であり魅力でもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. otoupon より:

    ブラックベリー
    ブラックベリーの花がきれいですね。家は庭の一角を畑にし、キンカン、スダチ、カキ、イチジク、ブルーベリーや庭木、草花が雑然と入り混じっていますから一応ポタジェなのでしょうか(笑)今年は紅梅を消毒せずアブラムシだらけにしてバンカープランツの役目をさせてみようと思っていますが今のところ野菜にはアブラムシは発生していませんが効果のほどは見守りたいと思います。

  2. ポタ より:

    otoupon さま
    otouponさんも実験開始ですね。結果が楽しみです。
    それにしても、お屋敷が広いといいですね。
    私の庭は狭いところにあれもこれもと植えますから、足の踏み場もありません。藪状態です。