「食べるな!危険」 モロヘイヤのタネ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 画像はモロヘイヤの実。この中に小さなタネがたくさん入っている。

 モロヘイヤはエジプト原産の野菜。栄養価が高く、クレオパトラも食べていたとか。和名シマツナソ。別名黄麻またはジュート。

 タネは猛毒で食べた家畜が死んだ例もある。下の方の茎にも毒性があるらしいが、硬くて食べられないから安心だ。だから、市販のモロヘイヤは安心して食べられるが、家庭菜園では実を食べないように注意!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 花が咲く頃
    モロヘイヤの種が猛毒であることは認識していませんでした。
    黄色い花が咲き始めた頃には葉っぱの食感が硬くなるので摘み取るのを自然にやめていたので、これでよかったのだと改めて思いました。

  2. ポタ より:

    ぎゅうちゃん
    硬い実を無理して食べなくて良かったですね。
    食べていたらいまごろは……。