守護神

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葉陰にアマガエルがいた。周囲の景色と合わせて白く衣替え(?)

テレビなどに白いアマガエルの話題が載ることが多いが、このカエルは単に環境によって色が変わっただけ。話題になるのは遺伝的なものでアルビノというそうだ。白ヘビとか白メダカなど、色素が欠落した動物がまれに見つかるようだ。

このアマガエル、夏のあいだ畑の害虫をとってくれた「畑の守護神」的存在だ。無事冬を乗り越えて、また来年レギュラーとしての登板を期待している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あやけい より:

    白いアマガエル
    我が家にもころころに太った白いアマガエルがいます。
    今のうちにたくさん食べて冬越ししてもらいたいですね。
    去年、土の入ったプランター(何も植えていない)を放置していたところ春に掘り出すとカエルがたくさん出てきてびっくりしました。
    こんな身近で冬眠するなんて!
    しかし、白いアマガエルは鳥にも見つかりやすいですよね。
    秋に茶色になるのはわかるけどなぜ白に?

  2. ポタ より:

    あやけい さま
    茶色を持ち合わせていないので白っぽくなるんでしょうね^^
    私の畑にはモズがいますが、無事のようです。
    モズには見えないのでしょうか。

  3. otoupon より:

    守護神
    アマガエルは可愛いですね。うちの庭にはガマが3匹住み着いているのを確認していますが内の畑の守護神はさしずめガマということになります。

  4. ポタ より:

    otoupon さま
    ガマですか。
    うちにはいないですね。
    ヤモリとニホンカナヘビ、オンブバッタくらいしかいません。