ポタジェ流 切り干しダイコン作り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイコンがたくさんとれたので切り干しダイコンを作った。
千六本に切ったものの他に、プレゼント用にハート型のものも作ってみた。
だれにプレゼントするかは秘密だw
この画像は、干し網を使って干しているところ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハート型に切り抜いたダイコンが乾燥するとこんな形になる。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

果たして、戻したときに元のハート型になるかどうかは疑問だ。ちなみに、ハートは、クッキーの型抜きを使った。ここには写っていないが星形も作ってみた。

切り干しダイコンの作り方
皮を剥いたあとに細く切る。切ったあと、熱湯を通すひと手間で甘味が増すということだが、面倒なのでそのまま干した。
急激に乾かさないと、真っ白く上がらないので向こう1週間ほど好天が予想されるときに干すとよい。天気が悪いと黄色くなってしまう。また、夜間は室内に取り込むこと。
生乾きだとカビが生えるので、1日1回は表裏を返す。触るとカシャカシャいうくらいにしっかり乾燥させるのがコツ。
完全に乾いたら、袋に入れて冷蔵庫などで保存する。