ポタケの昆虫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 草取りをしているときに、近くに黒い虫がとまっているのをみつけた。
 連日の猛暑で毎日ポタケに行くのも億劫になる。この暑さで、野菜の育ちはいまいちだが、雑草だけは逞しく育っている。
 今日は早朝から畑の周りの草取りをした。そこで、ふと目にとまったのがこの黒っぽい虫。撮ろうとして近づくとすぐに逃げてしまう。仕方なく少し離れた所から撮ったのがこの写真。画像が小さすぎるためトリミングしてあるので多少不鮮明な写真になった。

 あとで調べてみたら、クロバネツリアブというアブの仲間だということがわかった。成虫は花粉や花の蜜を餌にし、幼虫は単独で生活する狩りバチなどの昆虫の前蛹に寄生するそうだ。ちなみに、ツリアブの名はホバリングする姿が吊られているように見えるからだとか。

turriabu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする