畑再開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨年の秋から耕作放棄地状態になっていたポタケ(私の畑の呼称)を耕した。

 この写真は荒起こしした直後の様子。土が硬くて砕けないので、雨後に細かくする予定だ。この後、堆肥と苦土石灰をまいてさらに土を細かくし、植えつけ1週間前までに化成肥料をまいて畝立て、マルチをする。

 土質が河川改修工事の際に出た盛り土のため、通路などはカチカチでスコップの刃が立たないほどの硬さになってしまう。そこで、畝を固定し通路は通路、畝は畝にしている。そうすることによって畝の部分は踏まれることもないので、いつもフカフカしている。今回は多少畝をずらしたりしたので、畝も含めて耕したので苦労した。

 耕した後は、植えつけまでに土が固まらないようにフィルムなどのシートをかけておく。

 今年は、出来ればいままで作付けしなかった種類のみを作る予定だ。来年の秋あたりまでに栽培結果をまとめて書籍にでもしたいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする