芽キャベツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 芽キャベツを収穫した。切ったときに気がついたのだが、中心付近が黒っぽい。さては寒さで腐り始めたのかとハッとさせられたが、よく見るとアントシアンらしい。
 芽キャベツは、2つに縦に切って、サッと炒めた。そして、茹でた麺に明太子をからめて、脇に添えた。「明太子ヌードルの芽キャベツ添え」のできあがりだ。新鮮な芽キャベツの食感は最高だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. notti より:

    Unknown
    自家製の芽キャベツで「明太子ヌードルの芽キャベツ添え」最高のお味でしたでしょうね。
    今日地元の本屋さんに「やさい畑」購入しに行きましたら明日入荷との事で空振りでした。(そちらから見たら遅くなると見込んでいましたが)予約してきましたので明日が楽しみです。

  2. ポタ より:

    notti さま
    ありがとうございます。やはり、そちらは1日遅れなのですね。
    巻頭文に私の考えをまとめてあります。限られた文字数ですので、なかなかまとめにくかったのですが、なんとか考えが通じればいいと思います。
    私は、いま来年の「やさい畑」の準備に入りました。できあがった春号を見ていると何か不思議な感じがします。私にとっては過去、読者にとっては現在。星の誕生のようです。

  3. Unknown
    美味しそうなパスタですね。
    芽キャベツが主役だといっても良いくらいです。
    芽キャベツって、食べるとほっこりしていますよね。
    お店では6~8個300円近くする、高級野菜です。

  4. ポタ より:

    ほっとほっぺ さま
    どちらかというと芽キャベツに合わせて、パスタを作りました。だから主役は芽キャベツです。

  5. sasagawa(菜園ブログ) より:

    芽キャベツ
     形の揃ったいい芽キャベツになりましたね。
     パスタも美味しそうです、こうすると 芽キャベツが沢山食べられまるでしょう。
     光線の加減か?と思いましたが、スパゲッティではなかったのですね。

  6. ポタ より:

    sasagawa さま
    最近のパスタは茹で時間が短くなったようですが、それでも茹でるのが面倒だという過去の記憶で、つい敬遠してしまいます。そこで、讃岐うどんにしました。今回は、芽キャベツに敬意を表して饂飩を控え目に盛りつけました。