クサボケ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 茨城県立自然博物館の野外にクサボケが植えてある。春は赤い花が、秋には黄色く実が色づく。

 クサボケは樹高1~2m、バラ科の落葉樹。盆栽などにも用いられるが、ボケのような派手さはない。熟した実は果実酒にすると美味しい。

 ボケは漢字で木瓜、別名トウボケ(唐木瓜)。中国では木瓜と書いて、モックァと発音するらしい。それが日本に伝わって、ボケという発音に訛ったという。クサボケは、草木瓜。別名には、ワボケ(和木瓜)やしどみをはじめ、たくさんの地方名がある。ボケのように大きくならないことから、頭にクサ(草)のついた呼び名になった。

 クサボケの返り咲き(二度咲き・狂い咲き)は珍しくはないが、実と花が共存している姿が面白いので、ついシャッターを押してしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 寝袋 より:

    Unknown
    ポタさん今晩は。
    昨日の防虫網のトンネル綺麗に出来ています。
    網張りも馴れないと旨く行きません。
    ぼくはブロッコリーだけ防虫ネット掛けました。

  2. ポタ より:

    寝袋 さま
    撮影用ですから丁寧にかけています。
    まず、トンネルの支柱の高さと幅をそろえることですね。あとは両サイドを引っ張って固定すれば綺麗に張れます。
    私の畑はいろんな蛾の幼虫が沢山いますので、全部かけようと思います。

  3. 吉ちゃん より:

    Unknown
    良く大阪の人が“このボケ”とか言いますが、これは人をバカにしたような言葉でしょうね。 季節はハズレに咲く事もあり、ずれている人間の事を“ボケ”と言うんでしょうか? そんな語源も教えてくれませんか。

  4. 小鳥沢 より:

    今晩は
    我が家の庭にも、クサボケを植えています。
    昨年の秋に、実が転がっていました。
    この実は何の実かしら?と、あちこち見渡しましたが
    分かりませんでした。
    ボケに実のなることを知らなかったのです。
    今夜、初めて分かりました。
    ありがとうございます。

  5. ポタ より:

    吉 ちゃん
    呆け木瓜ですか。面白いですね。

  6. ポタ より:

    小鳥沢 さま
    子供の頃、原っぱで実を探すときは足の裏で探しました。コロッとするので分かりますね。
    黄色くなったのは香りがいいが、囓ると酸っぱいですね。

  7. ハマナスが咲いています
    近くの工場の植え込みにハマナスが数輪咲いています。二度咲きの性質があるのか、狂い咲きなのか。

  8. ポタ より:

    ぎゅう ちゃん
    何かの理由で落葉が多かったり、株が痛手を受けたりすると、狂い咲きするようですね。枯れる前に子孫も残そうとする植物の知恵でしょう。

  9. sasagawa(菜園ブログ) より:

    クサボケ
     花と実が一緒に写っているのは珍しいですね。
     返り咲きには実は成らないのでしょうね、政治家の世界とは違いますから。

  10. 小池 より:

    かじる
    昔から一度かじってみたいと思ってるのですが、まだかじったことはありません

  11. ポタ より:

    sasagawa さま
    実はならないと思います。
    政治家も、実がなっているのかどうか疑問です。突然、落果したりします。

  12. ポタ より:

    小池 さま
    かなり渋くて、酸っぱいですよ。黄色く熟したものは、香りもよくて美味しそうですね。

  13. hana より:

    くさぼけ
    ポタさん
    我家にもクサボケがあります
    最初ボケの赤い花を義母に鉢植えで
    買ってあげましたが 後で考えてボケってまずかった
    かな~と思ったことがあります
    花後とんでもない時期に狂い咲きしたりしますね。
    青い実も良くついています。
    今はあまり驚かなくなりましたが・・

  14. ポタ より:

    hana さま
    音が同じですから、耳で聞くとよくない印象ですね。でも、文字では木瓜(bokwe)ですから、呆けとは関係ないんですけどね。
    クサボケもボケも狂い咲きしますね。