トウガラシのパステル画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長野県松本市で古くから栽培されているトウガラシを収穫した。
苗は家族のものがゴールデンウィークに長野で買ってきたもの。
食べる前にオイルパステルを使って描いてみた。

pepper.jpg

品種は手前が黄色辛こしょう、奥の緑のものが太長辛こしょう、丸いのはピーマンだ。
辛こしょうはどちらも大きくなるほど辛味が増すそうだが、まだ食べていないので辛味のほどは不明だ。
地元では、辛子味噌などにして食べるらしい。

画材のパステルは、専門家用のオイルパステル。
ぺんてる株式会社のPTA 50Dという製品だ。
子供用のクレパスの高級品。
水彩で描くのと違って細かく描くのには不向きかも知れないが、全体の調子を見ながら大きく描ける面白さがある。

前回までは子供用の12色クレヨンを使っていたが、この先何枚かはこの画材で描く予定だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする