畑の益虫 コモリグモ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャベツ畑でコモリグモを見つけた。

このクモは、球状の卵のうを尻の糸器につけて持ち運ぶ。その後、孵化した子グモを腹背に乗せて保護することから、この名がついたそうだ。このクモは巣を作らず地面を歩き回る種類だ。

背中の模様かと思って撮ったのだが、あとで写真を整理しているときに、模様ではなく子供だということに気がついた。もっと鮮明な写真を撮ろうとしているのだが、それ以後、この親子には出くわしていない。
3枚の写真は同じコモリグモの仲間だと思うのだが、同定はしていないので種類は不明だ。

ところで、クモは益虫かどうかの表現で迷った。しかし、圧倒的に数の多い害虫を補食するのだから益虫でいいのだろう。本来は、益虫と表現するのではなく、○○の天敵とすべきなのかも知れない。

komori.jpg

背中に子供をオンブした親

kumo karada.jpg

コモリグモ全身像

kumo5.jpg

コモリグモ?大きな目の下に小さな目が4つ、後頭部に2つの目が見える。全部単眼。

OLYMPUS PEN E-P5 Maclo 60mm F2.8
OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする