家にもやってくるマルカメムシ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マルカメムシはクズ、ハギ、ヤマハギなどのマメ科植物を食べる昆虫。 姿は他のカメムシの仲間とちょっと違うが、これがマルカメムシだ。道路の法面などに植えたり、空き地に生えていたりするクズ(葛)によく集まってくる。よく、家に飛んできてカメムシ臭を発するので嫌われる。このマルカメムシは、ポタケの脇の空き地にいたもの。マメ科の野菜には危害を及ぼさないようだ。
 
 カメムシの仲間が発するカメムシ臭は、敵から自身を防御するために発するものらしい。仲間に危険を知らせる効果もあるとかないとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ハルノノゲシの葉上にいたマルカメムシ。