春まきダイコンのとう立ち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 春まきダイコンがとう立ちした。このダイコンはトンネル蒔きしたもの。
 ダイコンが大きくなったので、収穫するために防虫ネットを外したら1本だけとう立ちしていた。
 3月の気温が上がるまでは、穴あきビニールでトンネルがしてあったのにおかしい。とう立ちしたのは10本作ったうちの1本だ。抜き取ってみると、また根になっていた。

 とう立ちとまた根との関連は分からないが、きっと今年は天候不順で曇天が多かったので、低温に敏感な株が感応したのかも知れない。

 また根のダイコンは辛み成分が多い。まだ食べてはみないが葉は健全なものと変わらないので、油揚げと一緒に炒めて夕飯のおかずにした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメント

  1. この時期大根の成長が早くて、収穫始めて1,2週間で花が咲いて、いくらも収穫できません。これからは夏大根を蒔くつもりです。

  2. ポタ より:

    ぎゅうちゃん さま

    春ダイコンは温度管理が難しいですね。
    とう立ちしにくい品種選びも大切だと実感しました。