根深ネギ(長ネギ)楽々栽培

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

根深ネギは土寄せが大変。そこでこんな方法で栽培して見た。
手順
①普通の栽培と違い植え溝を浅く掘って植え付け。
②葉梢が伸びてきたころに雨や風で倒れないように軽く土寄せする。
③秋になり生長が旺盛になってきたら両脇を支柱で支える。④収穫1ヶ月前に両脇を黒いシートで囲う。
⑤シートを洗濯バサミで留め、ネギの葉梢に光が当たらないようにする。もみ殻が手に入れば、隙間にもみ殻を入れるのがベター。

ネギは約1ヶ月で軟白化できるので、収獲期を目安に必要量だけシートで囲えばよい。シートは専用のものも販売されているが、農家用なので長尺ものしかない。
そこで、防草シートなど光を遮るものを代用するとよい。
洗濯バサミは大きなものが使いやすい。

シートを設置したネギ

シートを設置したネギ

コメント

  1. ムムッ!アイデアですね。
    ネギを白くするのにいろいろ毎年苦労しています。
    この方法なら楽にできそうです。
    うちでは古い籾殻を寄せていますが、崩れるのでそう長いのはできません。
    ゴボウにも応用できそうですね。

  2. ポタ より:

    ぎゅうちゃん

    ハウス栽培ではシートを使っての栽培をしているところがあるそうです。
    露地だと風で倒れてしまうので、秋に支柱を立てておきました。
    そして、12月の末に収穫しようとシートをかけました。
    うまく行ったら、またアップします。
    ゴボウはやったことがありませんが、ウドではうまく行きました。

  3. Heyモー より:

    おはようございます ポタさん
    Heyモーです
    これは良いアイデアですね 区民農園だとすぐに土寄せの土が足らなくなるので
    良い方法です 是非やって見たいです いいアイデアをどうもありがとうございました

  4. ポタ より:

    Heyモー さま

    是非試して見て下さい。
    もみ殻を入れなくても、洗濯バサミを多めに使えば大丈夫です。
    私はこの方法で栽培するのは2回目ですが、1回目も成功しています。
    腰も痛くならなくていいですよ。