アケビの絵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミツバアケビを戴いたので絵にしてみた。
画材は水彩絵の具。
今回は「ボタニカルアート風」に描いてみた。

正式なボタニカルアートにはいろいろと制約がある。
画面からはみ出してはいけないとか、病気にかかったものとか害虫の被害にあったものはいけないとか。
元々は写真がない時代に写真の代わりに発展した絵だから、図鑑のように本来の草姿にできるだけ近づけて描く必要がある。
そのため、細密に、薄い絵の具を何層にも重ねて描かなければならない。
時間と根気が必要だ。

今回は時間も根気もないので、ボタニカルアートに近い感じで描いてみた。

ミツバアケビの絵

コメント

  1. 極細密に描けるものですね。実の半透明になった粒々感まで、感心しました。妻は油絵ですが、自分の感じた色で人物を描いています。正反対の描き方です。