トラップネストを作った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラップネストは、管住性(細竹やアシなどの管に卵を産む)のハチのためのもの。


細竹などを束ねたものを設置し、産卵から成虫になるまでを観察・研究するために用いるのでトラップ(罠)ネスト法という。
管住性のハチには、ドロバチ類、ベッコウバチ類、アナバチ類、ハキリバチ類などがある。ドロバチ類はガの幼虫、ベッコウバチ類やアナバチ類はクモやバッタを狩り、ハキリバチ類は花粉を集める。
狩った獲物や花粉は管の中に集め、そこに卵を産みつける。ハキリバチ類は1個卵を産むたびに木の葉などを仕切りにするため、葉も集める。ちなみに、※バラハキリバチはバラの葉を切りとってしまうので、バラにとっては害虫とされる。※クリックして過去ブログ参照。
卵は孵化すると蓄えられた餌を食べて成虫になるまで管の中で過ごす。

ハチというと、スズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどの仲間を連想すると思うが、これらのハチは巣を作り集団で社会生活をするハチで、時には攻撃的になる。それに対し、管住性のハチはおとなしく、また集団生活をしない。

ポタケにトラップネストを設置したのは観察や研究のためではなく、狩り蜂を増やすためだ。今回は2カ所に設置したが、雨が当たらないところ、見通しがよいところが良いということなので、このあと、雨が当たらないように屋根をつける予定。

自作したトラップネスト

コメント

  1. Heyモー より:

    おはようございます! ポタさん
    Heyモーです
    数日前に訪問させていただきましたが
    アクセスできませんでした 
    ブログが再開されてよかっったです
    トラップネストは初めて知りました ハチにもいろいろなタイプがあるのですね
    管住性のハチは畑に住んでくれたほうが良さそうですね
    こちらはマンションの大規模修繕でレーフバルコニー菜園をただいま閉鎖中で
    コンテナ栽培はお預け状態です 
    区民農園に苗作りコーナーを設置して野菜作りを楽しんでおります

  2. ポタ より:

    Heyモーさん

    おはようございます。
    早速のご訪問ありがとうございます。
    数日前のアクセス不能の原因は、バージョンアップの作業中だったと思われます。

    コンテナ栽培の情報が無いのは寂しいですね。
    再開を楽しみにしています。